アスタキサンチンの副作用

アスタキサンチンの副作用には、何があるのか?

アスタキサンチンの副作用について調べてみました。アスタキサンチンの副作用については、コチラのページでは、副作用がないとお伝えしました。

 

今回は、さらに、本当にアスタキサンチンは、副作用がないのか?と言った点が心配になり、再調査しました。

 

 

アスタキサンチンの副作用とは?

アスタキサンチンの副作用としては、どのようなモノがあるのでしょうか?そう思って、再度調査しました。

 

アスタキサンチンという成分の特徴は、脂溶性の成分であると言った点です。通常、脂溶性という成分は、体内に蓄積されます。体内に徐々に蓄積すると過剰症として、何かしらの病気を引き起こす可能性があります。

 

 

体内に栄養素が蓄積されるとどうなるのか?例で紹介

体内に蓄積される栄養成分としては、鉄分があります。鉄分を過剰に摂取し過ぎて、体内に蓄積されると、糖尿病や亜鉛の吸収生涯、胃腸障害、便秘、動脈硬化、酸化ストレスの増加など、最悪の場合は、死につながる病気になる可能性があります。

 

このように体内に溜まるモノというのは、摂りすぎるのは注意が必要です。

 

 

アスタキサンチンの場合はどうなのか?

現時点でのアスタキサンチンを摂りすぎた場合の副作用としては、長期間に渡って取り続けた場合でも、体内に大量に蓄積されるということは考えられないようです。

 

また、動物におけるアスタキサンチンの毒性試験についても、目立った副作用という危険性については見つかっていないようです。この為、アスタキサンチンは、安全性が高いというのが裏付けられているようです。

 

 

薬を飲んでいる時に同時に飲んでも大丈夫か?

副作用と同じように気になるのが、薬との関係です。風邪やその他の病気によって、薬を飲む必要がある場合に、アスタキサンチンのサプリメントを摂った場合には、何か問題はあるのでしょうか?

 

病院で薬をもらう場合には、まずは、アスタキサンチンのサプリメントも同時に飲んでも良いのか?と言った点は医師に確認するのが基本になります。

 

とは言っても、基本的には、アスタキサンチンは、薬が飲んでいる人がサプリメントで摂取しても特に相互作用は問題ないようです。

 

ただし、カロテノイド類の薬では、消化管でアスタキサンチンと競合する可能性があります。アスタキサンチン以外のカロテノイドを同時に摂取する場合には、アスタキサンチンの吸収率が悪くなる可能性があるので、同時に飲むのは止めるのが無難です。

 

もし、アスタキサンチンと薬の両方を飲みたい場合には、薬を飲む時間とアスタキサンチンのサプリメントを飲む時間をズラしておくのが安全です。

 

 

アレルギーには注意する必要がある

アスタキサンチンのサプリメントを飲む場合、化粧品を使う場合に注意する必要があるのが、アレルギーです。アスタキサンチンの原材料としては、基本的には、ヘマトコッカス藻であるサプリメントが多いのです。しかし、カニやエビなどを原材料にしている場合もあるようです。

 

この為、カニやエビなどにアレルギーがある人の場合には、知らずにサプリメントを飲むとアレルギー反応が出る可能性があります。また、化粧品も肌がアレルギーを起こす可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

>>>アスタキサンチンは、どのような効果が期待できるのか?詳細はコチラ