アスタキサンチンの摂取量

アスタキサンチンの摂取量はどれくらい必要なのか!?

アスタキサンチンは、1日にどれくらいとると効果が実感できるのでしょうか?

 

それは、アスタキサンチンは6mgを1日に摂ると良いのが摂取量の目処になります。

 

1日に必要なアスタキサンチンの摂取量は、6mgと分かっても、具体的に、どんな食品をどれくらい摂取する必要があるのか?について気になると思います。

 

 

具体的に、アスタキサンチンが含まれた食品の1日の摂取量の目安

アスタキサンチンを食事で、食品から摂取する為には、具体的に、どれくらいの食材が必要になるのでしょうか?その分量は、下記の一覧のようになります。

 

食品名

100g当たりの含有量

食品の1日の摂取量(*1)

桜エビ

7.0mg

86g

オキアミ

3.0mg〜4.0mg

150g〜200g

紅鮭

2.5mg〜3.7mg

162g〜240g

イクラ

2.5mg〜3.0mg

200g〜240g

金目鯛

2.0mg〜3.0mg

200g〜300g

ギン鮭

2.3mg

261g

毛ガニ

1.1mg

546g

甘エビ

0.8mg〜1.0mg

600g〜750g

キングサーモン

0.9mg

666g

すじこ

0.8mg

750g

白鮭

0.3mg〜0.8mg

750g〜2000g

くるまえび

0.6mg〜0.7mg

857g〜1000g

 

(*1)
「食品の1日の摂取量」は、食品にアスタキサンチンが100g当たりの含有量を参考に、何グラムの食品を食べればいいのかを表す分量を紹介しています。

 

 

現実的に、毎日、食べ続けるなら何が良いのか?

以上のように、桜エビやオキアミ、紅鮭、イクラ、金目鯛、ギン鮭などは、現実的に1日で摂取できる分量になると思います。

 

甘エビやくるまえび、白鮭、すじこ等は、1日に摂取する必要がある分量が多くなるので継続して食べ続けるというのは難しくなると思います。

 

経済的な面や、流通面などを考えると、やはり紅鮭が一番、アスタキサンチンを手軽に取りやすい食品だと思います。ただし、毎日、アスタキサンチンを摂る為に、紅鮭を食べ続けるのは大変です。

 

その為、必要なアスタキサンチンの摂取量を維持する為には、サプリメントなどで補うのが手軽でオススメです。

 

 

 

>>>アスタキサンチンをサプリメントで摂取したい場合には、コチラのページが参考に・・・