アスタキサンチンの食品

アスタキサンチンは、どんな食品に入っているのか?

アスタキサンチンが含まれている食品とは、どのような食材があるのか?食べ物からアスタキサンチンを取りたいと思っている人に参考になればと思い、アスタキサンチンが含まれている食品を調べてみました。

 

普通にアスタキサンチンについて調べると、紅鮭、金目鯛、エビ、カニ、イクラぐらいしか思いつきませんでした。これだと食事での食品の選択範囲が狭くなるので、少しでも多く紹介できればと思います。

 

 

アスタキサンチンが含まれている食品の一覧

アスタキサンチンが含まれている食品を一覧で紹介します。どれくらいの分量が入っているのか?と言った目処になる分量も紹介します。アスタキサンチンの分量はmgです。含有量は、100g当たりになります。

 

桜エビ 7.0mg
オキアミ 3.0mg〜4.0mg
紅鮭 2.5mg〜3.7mg
イクラ 2.5mg〜3.0mg
金目鯛 2.0mg〜3.0mg
ギン鮭 2.3mg
毛ガニ 1.1mg
甘エビ 0.8mg〜1.0mg
キングサーモン 0.9mg
白鮭 0.3mg〜0.8mg
すじこ 0.8mg
くるまえび 0.6mg〜0.7mg

 

上記以外にもメバルのような海にあるモノにアスタキサンチンが含まれています。

 

 

赤い食品・食材にアスタキサンチンが含まれている

アスタキサンチンが含まれている食品や食材というのは、自分で見分けることもできます。基本的に、アスタキサンチンは、熱を加えると赤くなります。紅鮭は、アスタキサンチンが含まれている有名な食品です。この為、実際には、赤色だけではなく、オレンジ色や朱色などの、赤色よりも若干薄くてもアスタキサンチンが入っている可能性があります。

 

注意する必要があるのが、熱したら赤くなるという点です。この為、赤身の魚でもアスタキサンチンが入っていない場合があります。

 

 

アスタキサンチンが含まれていない食べ物

アスタキサンチンが含まれていない食べ物としては、マグロやカツオです。身の色が赤いのでアスタキサンチンが入っていると思われがちですが、カツオやマグロには入っていないので注意が必要です。

 

また、アスタキサンチンは、基本的に海で摂れる食材にしか入っていないです。

 

 

海のモノしかアスタキサンチンが入っていない理由とは?

アスタキサンチンの含まれている食材は、熱すると赤い色をしていると言うのが特徴です。この赤色になる原因というのが「ヘマトコッカス藻」という藻の一種です。藻なので、水中に生えているので、基本的に海のモノしかアスタキサンチンが入っていないということです。

 

このように、アスタキサンチンを含む紅鮭やエビ、イクラなどは、ヘマトコッカス藻を体内に取り込んでいることが原因で、加熱すると身が赤くなります。

 

 

アスタキサンチンは、このように、「ヘマトコッカス藻」が含まれている食材です。基本的には熱すると赤くなる海のモノを探せばいいのです。

 

 

 

>>>アスタキサンチンを食品で摂取するとどのような効果があるのか?の詳細はコチラ